独WestLBに約5300億円の公的支援、政府が救済に合意-当局者

ドイツの州立銀行3位のWest LBは、経営再建策の一環としてドイツ政府から最大40億ユーロ(約 5300億円)の支援を受けるとともに、不良債権を引き受ける「バッド バンク」に資産の3分の1を移管する見通しだ。

政府当局者2人が24日にベルリンで説明したところによると、W estLBは約850億ユーロの資産を新部門に移した上で、これらの 資産の評価を引き下げるか売却する。ドイツ連邦政府は残った本体に 資本を注入する。連邦政府は資本注入分を最大49%の株式に転換する 可能性がある。当局者2人が匿名を条件に明らかにした。

今回の合意で独政府とWestLBに出資する2つの地域貯蓄銀 行グループとノルトライン・ウェストファーレン州などによる数週間 にわたる交渉が決着した。今月30日が合意の成立期限だった。当局者 らによると、株主は別部門に移管される資産に関連して最大175億ユ ーロの損失に直面する可能性がある。

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会が公的支援を 承認した際に課した条件の下、WestLBは資産を半分に減らして 高リスク事業を整理し、2011年末までに身売りを行う必要がある。独 政府の金融市場安定化基金(Soffin)からの資本注入は11年末 まで利用が可能。

当局者らによると、連邦政府はWestLBの経営に関与する意 図はない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE