日本株は小反発、貿易統計改善し輸出買い戻し-200日線前に踏ん張る

東京株式相場は小幅反発。朝方発 表された10月の貿易統計が改善したことを好感し、トヨタ自動車など 自動車株を中心に輸出関連が買い戻された。景気変動の影響を受けに くいディフェンシブ業種は終日堅調で、電気・ガスや陸運、医薬品、 食品株が高い。

日経平均株価の終値は前日比40円6銭(0.4%)高の9441円64 銭。朝方に9366円まで下げる場面があったが、投資家の長期売買コス トを表す200移動平均線(9357円)目前で踏ん張る格好となった。T OPIXは同4.07ポイント(0.5%)高の833.29。

第一生命保険株式部・国内株式グループの伊藤弘康課長は、輸出 株について「貿易統計でアジア向けを中心とした輸出額の持ち直し傾 向を確認できたことが、売られ過ぎの反動につながった」と見ていた。 ただ、米低金利の長期化を背景にドル・キャリー取引は当面続くとみ られ、「円高・ドル安進行の懸念は根強く、買い戻しの持続性は期待で きない」という。

財務省が25日発表した10月の貿易統計速報(通関ベース)によ ると、輸出額は前年同月比23.2%減の5兆3089億円と13カ月連続の マイナスとなったが、減少率は前月(同30.6%減)に比べ縮小した。 輸入額は同35.6%減の4兆5018億円と12カ月連続の減少。この結果、 貿易収支(原数値)は8071億円の黒字となった。

貿易統計の改善を背景に輸出株が買い戻され、日経平均のプラス 寄与度上位にはホンダ、ファナック、京セラが並んだ。東証1部の33 業種別指数では、輸送用機器が1.8%高と値上がり率トップ。

終盤出直り

日経平均、TOPIXとも午後中ごろまでは前日終値を挟む小動 きが続いた。取引終了にかけてじりじりと値を切り上げたが、「先行き 不透明感が強過ぎ、押し目買いの動きも限定的」と丸三証券の牛尾貴 投資情報部長。大和証券SMBCの西村由美シニア・エクイティ・マ ーケットアナリストも、「各種投資指標で値ごろ感が強まっているもの の、円高進行や増資懸念、政策リスクなど課題山積の中にあっては、 積極的な買いは望み難い」との認識で、短期的な買い戻しの色彩が強 かった。

東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は売られ過ぎの目安とさ れる70%を下回っていたほか、日経平均の25日移動平均線からの下 方かい離率も短期的に売られ過ぎとされる5%を超過。市場平均PB R (株価純資産倍率)も1倍に接近と、各種投資指標は目先反発の可 能性を示唆していた。

ただ、昼休み中の東証立会外取引で成立したバスケット取引は約 71億円。昼バスケットの低調さを見て、西村氏は「海外投資家が米感 謝祭の週ですでに休暇に入っていたり、見送り姿勢を強めている様子 がうかがえる」と話している。

穴吹工破たんで不動産は終日弱い

この日の相場全般の重しとなったのは、不動産株と金融株。不動 産株については、マンション分譲大手の穴吹工務店(非上場)の経営 破たんを受け、厳しい業界環境を警戒した売りに終日押された。また、 信用リスク不安の再燃が懸念され、銀行や保険、証券、その他金融株 も安い。このほか、ばら積み船の運賃市況であるバルチック・ドライ指 数(BDI)の続落を背景に、日本郵船など海運株も下げが目立った。

東証1部の売買高は概算で19億4741万株、売買代金は1兆1933 億円。値上がり銘柄数が847、値下がりは709。業種別33指数は20 業種が上昇、13業種が下落。

DeNAや富士通堅調、穴吹工破たん波及

個別では、NTTドコモとの共同出資会社を設立するディー・エ ヌ・エーが買われ、2010年1月期の連結営業利益予想を上げたダイド ードリンコ、自社株取得を決議したユーシンも上昇。シティグループ 証券が投資判断を「買い」に引き上げた川崎重工業、三菱UFJ証券 が投資判断を「アウトパフォーム」に上げた富士通も堅調だ。日本橋 梁、ハルテックなど橋梁関連株の一角が急伸。デジタル家電向け機能 性フィルムを手掛けるKIMOTOは連騰で、連日の年初来高値更新。

半面、穴吹工向けの債権について取立不能のおそれがあると発表 した徳島銀行が7.9%下げ、東証1部値下がり率トップ。香川銀行や 百十四銀行も売られた。また、穴吹工株を保有するテーオーシーは年 初来安値を更新。このほか、先週初に大型公募増資の実施を発表した ダイワボウホールディングスが大幅安となった。

新興3指数は高安まちまち

国内新興3市場では、ジャスダック指数が前日比0.06ポイント (0.1%)高の45.16、東証マザーズ指数は1.23ポイント(0.3%)高 の380.88とともに小反発。大証ヘラクレス指数は2.46ポイント(0.5%) 安の511.15と小幅続落。

個別では、新薬臨床試験で米食品医薬品局(FDA)と事前合意 したと発表したアンジェス MGがストップ高(値幅制限の上限)。ス カイマーク、メッセージ、ハドソンが買われた。半面、日本通信、オ リコンが売られ、サイバーエージェント、アルデプロも安い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE