仏アルストムとシュナイダー連合、アレバ部門買収条件を改善-関係者

原子炉製造最大手、仏アレバの 送電・配電部門に共同買収案を提示した仏重電大手アルストムと受配 電・制御機器大手シュナイダーエレクトリックは、買収条件を変更す ることに同意した。事情に詳しい関係者1人が明らかにしたもので、 同連合は条件を改善することを目指している。

同関係者が協議は非公開だとして匿名で語ったところによると、 アルストム・シュナイダーエレクトリック連合は買収案について、ア レバの送電・配電部門の業績によって変動する項目を外すことに同意 した。買収提示額は約40億ユーロ(約5300億円)相当という。

アルストム側は可変項目を除外することで、米ゼネラル・エレク トリック(GE)と、東芝・産業革新機構(INCJ)連合がそれぞ れ提示した買収案をかわす上で有利になる可能性がある。事情に詳し い関係者3人が23日明らかにしたところでは、3陣営が提示する買 収額はすべて約40億ユーロで、アレバは今週、売却先を決定する可 能性がある。

シュナイダーエレクトリックとアルストムの広報担当者はコメ ントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE