ストロスカーンIMF専務理事:ユーロは「若干強過ぎる」-フィガロ

フランス紙フィガロ(オンラ イン版)が24日伝えたところによると、国際通貨基金(IMF) のストロスカーン専務理事は同紙とのインタビューでユーロについ て、「若干強過ぎる」との見解を示した。

同紙によれば、同専務理事は「IMFはユーロが確かに少し強 過ぎると見ているが、通貨の均衡値を絶対的に判断することは極め て難しい」と指摘した。

同専務理事はまた、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB) 議長の現在の金融政策を支持すると表明。「バーナンキ議長の目的は 米国の回復を促進することだ。その点で彼は正しい」とした上で、 「しかし、どんな解決策にも不都合な点はある。新興市場国の通貨 は上昇していることから、キャリートレード、すなわち異なる金利 への投機は新興市場国にとって不安定要因となる。とはいえ、現在 の最優先課題は成長への回帰だ」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE