米FDIC:「問題」銀行、前期比32.7%増の552行-7~9月期

米連邦預金保険公社(FDI C)は24日、2009年7-9月(第3四半期)に「問題あり」と判 断された銀行は前期比32.7%増の552行になったと発表した。これ は16年ぶりの高水準。

FDICのリポートによると、552行の資産総額は3459億ドル (約30兆6000億円)。FDICの預金保険基金は82億ドルのマイ ナスとなった。

FDICのベアー総裁は発表資料で、「リポートは、銀行や貯蓄 金融機関の業績が改善した一方で、リセッション(景気後退)の影 響がなおも財務状況に反映されていることを示している」と説明し た。

FDICの保証を受けた銀行の第3四半期の純損益は28億ド ルの黒字。第2四半期は43億ドルの赤字だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE