職場で我慢の男性、心臓発作リスクは辛抱できない人の最大5倍-研究

職場での不公平な扱いについ て怒りを我慢すると、心臓発作や心臓病で死亡するリスクが高まるこ とが、スウェーデンでの研究で分かった。不満をすぐに表出する人に 比べ、リスクは2-5倍だという。

これまでも米国での研究、フラミンガム・スタディで、怒りや欲 求不満を抑え込むことが心臓に悪影響を与えることが示されていた。 科学者はかねてから、表面下で沸騰する怒りや興奮が高血圧やその関 連疾患と同様の反応を身体に発生させると考えていたと研究者らは説 明した。

今回の研究は2755人の男性被験者を対象に実施。1992年から 95年にかけて平均年齢41歳の健康なスウェーデン人男性を集め、 その後10年にわたって仕事と健康の関係を調べた。分析の結果、不 公平な扱いに対して抗議せず、現実に直面しない「暗黙の納得」を選 ぶ人は健康に悪影響が出ることが分かった。研究結果はジャーナル・ オブ・エピデミオロジー・アンド・コミュニティー・ヘルス誌に掲載 された。

この研究を率いたストックホルム大学ストレス・リサーチ・イン スティチュートのコンスタンツ・ラインウェーバー氏は23日の電話 インタビューで、「不当な扱いを受けたと感じたときに対立を避けて 歩み去り、後に不満を残すことは良くない」として、「行動しなけれ ばいけない。不公平な扱いを受けたと感じていることをはっきりと言 った方がいい」と語った。

感情を抑えたり、頭痛や腹痛の症状が出たり、帰宅してから鬱憤 (うっぷん)を晴らしたりすると答えた男性では、心臓発作と死亡の リスクはすぐに怒りを表す人に比べ2倍だった。何も言わずに済ませ てしまうことが多い人の場合、リスクは5倍に近かったという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE