メドトロニック:8-10月59%増益、心臓用ステントの販売好調で

心臓用電子装置メーカー最大 手の米メドトロニックが24日に発表した8-10月(第2四半期) 決算は、前年同期から59%の増益となった。心臓用ステントの新製 品の販売好調が寄与した。同社はまた、2010年通期の1株当たり利 益見通しを3.17ドル-3.22ドルのレンジとし、従来の3.10ド ル-3.20ドルから上方修正した。

発表によると、純利益は8億6800万ドル(1株当たり78セ ント)と、前年同期の5億4700万ドル(同48セント)から増加し た。調整済み1株当たり利益は77セントと、アナリスト予想平均の 74セントを3セント上回った。

JPモルガンのアナリスト、マイケル・ワインスタイン氏(ニ ューヨーク在勤)は24日付の顧客リポートで、「海外販売、それも 日本での心臓用ステント『エンデバー』の発売が増益に寄与した可能 性が高い」と指摘した。エンデバーを含むステントの売上高は6億 9600万ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE