グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。指標のハンセン指数が3週間で最大の下げ となった。積極的に融資を拡大してき中国本土の銀行が、資本強化の ため増資が必要になるとの観測を背景に売られた。

中国3位の銀行、中国銀行(3988 HK)は4%安。2位の中国 建設銀行(939 HK)は3.4%安。事情に詳しい関係者4人によれば、 中国の5大銀行は増資の暫定計画を業界監督当局に提出した。

一方、鉄鋼価格の上昇を背景に中国の鞍鋼軋鋼(アンガン・スチ ール、347 HK)など鉄鋼株が高くなった。鞍鋼は2.7%高。馬鞍山 鋼鉄(323 HK)は2.3%上昇。植物油の生産を手掛ける中国糧油 (606 HK)はゴールドマン・サックス・グループの買い推奨を手掛 かりに9.7%上げた。

ハンセン指数は前日比348.25ポイント(1.5%)安の

22423.14と、11月3日以来で最大の下げ。ハンセン中国企業株 (H株)指数は前日比1.9%安の13369.33で終了した。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落し、上海総合指数が約3カ月ぶりの大幅安と なった。最近の相場上昇は、企業の増益見通しに比べて行き過ぎとの 懸念が広がった。

中国最大の自動車メーカー、上海汽車集団(SAICモーター、 600104 CH)は4.6%安。家電小売りで同国最大手の蘇寧電器 (002024 CH)は1年半ぶりの高値から反落し、5.5%安で引けた。 同国最大の石油会社ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は 3%安だった。

フランクリン・テンプルトン・シーランド・ファンド・マネジメ ントのファンドマネジャー、シュ・リロン氏(上海在勤)は、「株価 があまりに急激に上昇したため、利益がまだ上昇相場に追いついてい ない」と指摘。一方で、「この日の下落が、相場の上昇基調を変える ことはない。景気回復は逆戻りできない」との見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動す る上海総合指数は前日比115.14ポイント(3.5%)安の3223.53 と、8月31日以来の大幅安となり、前日付けた3カ月ぶり高値から 反落した。深セン総合指数は同4.3%安で、前日までの17連騰が止 まった。上海・深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は同

3.2%安の3548.08。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。指標のセンセックス30種株価指数が3 営業日ぶりに反落。金属相場の下落を背景に資源株が売られた。日本 を含むアジアの株式相場が総じて軟調だったことも材料視された。

インド産銅最大手のスターライト・インダストリーズは1.8%安。 在庫が増加する中、需要が供給を下回るとの懸念から銅相場が下落し たことが嫌気された。一方、国内最大の乗用車メーカー、マルチ・ス ズキ・インディアを中心に自動車株が高い。自動車各社の今月の販売 台数が増加したとの期待が広がった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は、前日比49.10ポイ ント(0.3%)安の17131.08で引けた。

スターライト(STLT IN)の終値は855.65ルピー。マルチ・ スズキ(MSIL IN)は2.5%高の1599.65ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比32.0ポイント(0.7%)安の4685.0。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比12.63ポイント(0.8%)安の

1606.42。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比27.41ポイント(0.4%)高の7714.56。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比17.90ポイント(0.6%)安の2779.98。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比1.21ポイン ト(0.1%)高の1272.09。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比14.19ポイント(2.1%)安の676.22。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比9.53ポイント(0.4%)安の

2471.88。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比26.66ポイント(0.9%)高の

3074.66。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE