中国は利上げ検討を、資産価格バブル防止のため-世銀エコノミスト

世界銀行のシニアエコノミスト、 ルイス・クイス氏が、中国は政策金利の引き上げを検討すべきだとの 考えを示した。金融システム内の過剰流動性が資産価格バブルを生む 事態を防ぐのに利上げが役立つとしている。

クイス氏(北京在勤)は24日に電子メールを通じ、「利上げの利 点がマイナス面を上回るように思える」と指摘した。このコメントは 元々、世銀ウェブサイトの同氏のブログに19日に掲載されていた。

同氏は、「金融政策に関する行動で伝統的に引き金となるインフレ 率が低いため、一部には引き締めに気乗りしない人たちもいる。しか し今回の世界的な金融危機は、金融・財政政策の決定において、資産 価格の上昇を軽視することの危険性を示した」と主張した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE