英中銀:RBSとHBOSに620億ポンド緊急融資-08年秋の危機

イングランド銀行(英中央銀 行)は24日、金融危機のピークだった2008年10月に、国内大手 銀のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RB S)と住宅金融大手のHBOSに計620億ポンド(約9兆800億 円)を緊急融資したことを明らかにした。

中銀の議会への報告によると、RBSには366億ポンド、HB OSには254億ポンドを融資した。市場を不安定化させることを避 けるために、緊急融資については今まで公表しなかったという。

イングランド銀のポール・タッカー副総裁は議会に対し、「融資 しなければ落ち込みははるかに悪化していただろう」として、「伝統 的な最後の貸し手としての難しい仕事だった」と述べている。

現在はロイズ・バンキング・グループ傘下となっているHBOS への融資は米証券会社リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破 たんから2週間後の昨年10月1日に始まり、RBSへの支援は同月 7日から始まったという。英政府は翌8日に、公的資金注入による銀 行救済策を発表した。

中銀によると、流動性供給オペは昨年10月17日がピークだっ た。両行は1000億ポンド超の担保を差し入れたという。RBSは 同年12月16日に資金を返済し、HBOSは今年1月16日に返済 したという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE