ロシア中銀:主要金利を過去最低に引き下げ-投機抑制狙い

ロシア中央銀行は24日、主 要政策金利を過去最低の水準に引き下げることを決定した。通貨ルー ブルの上昇を見込んだ投機を抑制するとともに、家計や企業向け与信 環境の緩和を目指し、今年4月以降で9回目の利下げを決めた。

同中銀は、リファイナンス金利を0.5ポイント引き下げ9%と する。レポ(売り戻し条件つき買いオペ)金利も8%と8.5%から引 き下げる。新金利は25日から適用される。前回10月30日の利下 げ幅も0.5ポイントだった。

同中銀は声明で、今回の利下げについて「国内外の金利差の縮小 がルーブル上昇の抑制に役立つ」ことを望むと説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE