今日の国内市況:日本株が下落、債券は堅調―ドルと円がじり高

東京株式相場は下落。円高や政 府の経済対策の不十分さなどから、景気の二番底リスクが警戒された。 電機や自動車などの輸出株が売られ、根強い増資懸念も逆風となった 銀行や証券など金融株も安い。

日経平均株価の終値は前週末比96円10銭(1%)安の9401円 58銭と7月17日以来、TOPIXは同9.49ポイント(1.1%)安の

829.22と4月28日以来のそれぞれ安値水準。

この日の東京外国為替市場は、1ドル=88円台後半と直近の円 高・ドル安水準で推移した。日本銀行による企業短期経済観測調査(短 観、9月調査分)によると、2009年度の輸出企業の想定為替レート は1ドル=94円50銭。この水準から6円近く円高の現状は、輸出企 業の業績下押し要因になると警戒され、ファナックや京セラが終日弱 く、ダイキン工業、トヨタ自動車も徐々に売りに押された。

また、今後の追加増資による1株価値の希薄化や株式需給悪化に 対する根強い警戒感を背景に、三井住友フィナンシャルグループ、み ずほフィナンシャルグループなど大手銀行株が下げ、大和証券グルー プ本社など証券株、T&Dホールディングスなど保険株も売られた。 銀行株については、格付け会社のフィッチ・レーティングスが日本の 大手3銀行グループに関し、貸出資産の質の悪化と資本基盤に懸念を 示していた。

この日は日経平均、TOPIXとも小高く始まったものの、すぐ にマイナス圏に転じた。取引開始直後に株価指数先物へ断続的な大口 売り注文が入ったことをきっかけに、現物株にも裁定取引に絡む売り 需要が発生、株価指数を押し下げた。日経平均は始値(13円高の9511 円)が高値となった。

日経平均は、前週末20日の取引時間中の安値9423円も割り込ん で終了。今後は200日移動平均線(9350円)を支持線として下げ止 まるか、が注目されている。

東証1部の売買高は概算で18億2702万株、売買代金は1兆1622 億円。値下がり銘柄数が1277、値上がりは327。業種別33指数はそ の他金融、空運、銀行、海運、建設、ゴム製品など31業種が下落、 上昇は電気・ガス、非鉄金属のわずか2業種。

債券は堅調

債券相場は堅調(利回りは低下)。政府のデフレ認定に伴う低金 利政策の長期化観測が買い材料視された。12月にかけて現物市場で の好需給も見込まれていることから、10年債利回りは午後に入って 再び1.3%を下回っての推移となった。

東京先物市場の中心限月12月物は前週末比12銭高の139円37 銭で始まり、開始後にこの日の安値となる139円30銭をつけた。し かし、その後はじりじりと水準を切り上げて、午後には一時21銭高 の139円46銭まで上昇した。取引終盤にかけては139円40銭付近で 小動きが続き、結局は19銭高の139円44銭で終了した。

国内債券市場では過度の需給悪化懸念が後退する一方で、政府が 先週末、3年5カ月ぶりにデフレを認定したことから買い安心感が広 がった。藤井裕久財務相は24日午前の閣議後会見で、政府のデフレ 宣言について、「需要が不足していることは間違いない」としながら も、デフレを解消するうえで財政は「主たる役割」ではなく、「金融 の役割も大事だ」と述べ、日銀が主導的な役割を果たすべきとの考え を示した。

日本市場の3連休の間に海外株式相場は底堅く推移したが、国内 株式市場では日経平均株価が朝高後すぐにマイナス圏で取引された ことも、債券相場の下支え要因として意識された。

現物市場で新発10年物の303回債利回りは、20日の終値と同じ

1.305%で始まり、しばらくは1.30%で小動きとなった。しかし、午 後に入って買いが優勢となると1.5ベーシスポイント(bp)低い

1.29%をつけ、その後も1.29-1.295%で堅調に推移した。

ドルと円がじり高

東京外国為替市場では、午後の取引にかけてドルと円がじり高に 展開した。今週は米国で感謝祭の休暇を控えて、積極的な持ち高の積 み上げは見送られているとみられ、リスク資産向け投資の圧縮に伴う ドルと円の買い戻しが優勢となった。

午後の取引では円が主要16通貨に対して全面高。円は対ユーロ で1ユーロ=132円台前半と、前日のニューヨーク時間午後遅くに付 けた133円11銭から円高が進行。ドル・円相場は午後の取引で1ド ル=88円70銭前後と、ニューヨーク時間午後遅くに付けた88円97 銭から円高方向に振れた。

ユーロ・ドル相場は午後の取引で1ユーロ=1.49ドル台前半と、 ニューヨーク時間午後遅くに付けた1.4961ドルからドル高が進んだ。

この日の東京時間の取引では、日本株や米国の株価指数先物がマ イナス圏で推移。中国株も大幅安の展開となっており、リスク投資を 圧縮する動きに圧力がかかりやすいとの指摘が聞かれた。

前日の海外市場では、10月の米中古住宅販売件数が2007年2月 以来の高水準を記録したことを受けて米株が上昇。リスク選好の動き からドルと円の売りが進んでいた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE