銀行資本:不足はUBSやシティ、HSBCとゴールドマン十分-S&P

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)が23日公表した調査結果によると、世界の大 手金融機関の中で最も資本基盤が弱いのは米シティグループ、スイス のUBS、スペインのバンコ・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア (BBVA)などだった。

一方、財務力が平均以上とされたのは英HSBCホールディング スと米ゴールドマン・サックス・グループ。S&Pは世界の大手銀行 45行のリスク調整済み資本を比較した。ブルームバーグのデータによ れば、金融危機の発生からこの調査までの間に大手銀は1兆5000億ド ル(約130兆円)の資本を調達している。

S&Pはリポートで、「銀行が向こう1年半の間に、より厳しい資 本規制に対応するために資本強化を続けると予想している」とした上 で、「これを達成できない銀行は新たに格下げ圧力に直面する可能性が ある」と説明している。

S&Pによると、国際的に業務展開する大手銀のリスク調整後の 自己資本比率は6月30日時点、中国の銀行を除いた平均で6.7%。調 査対象行で最高はHSBCの9.2%、最低はみずほフィナンシャルグ ループの2%。

S&Pは、リスク加重の資産の評価方法が銀行規制当局の手法と は「大きく」異なると説明している。

S&Pが算出した各行のリスク加重資本比率は以下の通り。

グループ 1 HSBC 9.2 Dexia SA 9.0 ING Bank NV 8.9 Nordea Bank AB 8.8 Groupe Credit Mutuel 8.6 Toronto-Dominion Bank 8.3 Goldman Sachs Group Inc. 8.3 Morgan Stanley 8.1 Standard Chartered Bank 8.1 グループ 1 平均 8.6

グループ 2 Bank of Nova Scotia 7.9 Royal Bank of Canada 7.9 Bank of Montreal 7.8 Rabobank N 7.8 KBC Bank NV 7.7 DBS Bank Ltd. 7.7 Bayerische Landesbank 7.6 BNP Paribas 7.2 Societe Generale 7.2 グループ 2 平均 7.6

グループ 3 Banco Santander SA 7.2 ANZ Banking Group Ltd. 7.1 DnB NOR Group 7.0 JPMorgan Chase & Co. 7.0 Barclays Bank Plc 6.9 Credit Suisse Group AG 6.9 National Australia Bank Ltd. 6.9 Intesa Sanpaolo SpA 6.8 Credit Agricole SA 6.6 グループ 3 平均 6.9

グループ 4 Bank of New York Mellon Corp. 6.5 Wells Fargo & Co. 6.4 Landesbank Baden-Wuerttemberg 6.4 Commonwealth Bank of Australia 6.3 UniCredit SpA 6.3 Caja de Ahorros y Pensiones de Barcelona 6.2 Deutsche Bank AG 6.1 Bank of America Corp. 5.8 Bank of Ireland 5.7 グループ 4 平均 6.2

グループ 5 Banco Bilbao Vizcaya Argentaria SA 5.4 Danske Bank A/S 5.4 DZ BANK AG 5.3 Allied Irish Banks PLC 5.0 Mitsubishi UFJ Financial Group 4.9 Sumitomo Mitsui Financial Group 3.5 UBS AG 2.2 Citigroup Inc. 2.1 Mizuho Financial Group Inc. 2.0 グループ 5 平均 4.0 世界平均 6.7

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE