ヘッジファンド:銀行の資金調達で最大4割提供も-モルガン・S

モルガン・スタンレーによれば、 欧米の金融機関が今年実施した資金調達のうち、ヘッジファンドが最 大で40%の資金を提供した。

ブルームバーグが集計したデータによると、金融機関は資本不足 の穴埋めや政府の資本規制を満たすため、今年これまでに株主割当増 資などで約2000億ドル(約17兆7500億円)を調達した。金融危機が 発生した2007年半ば以降、世界の金融機関の評価損や信用損失は1兆 7000億ドルを上回っている。

モルガン・スタンレーのアナリスト、ヒュー・ファンステーニス 氏は23日付のリポートで、「リスク資本の提供者が果たすことができ る補助的な役割を一部の政策担当者は理解している」と指摘した。

JPモルガン・チェースとゴールドマン・サックス・グループな ど米金融機関大手10社は6月、増資で調達した資金などを元に合計 680億ドルの公的資金を返済した。資産家ジョン・ポールソン氏が率 いる米ヘッジファンド運営会社のポールソンは今年、バンク・オブ・ アメリカ(BOA)に出資。ポールソンは今月、投資家らに対して、 評価損の緩和に伴い、BOAの株価は向こう2年間でほぼ2倍に上昇 するとの見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE