JPモルガンやPIMCOの弱気相場型投信、個人投資家マネーが殺到

JPモルガン・チェースやパシフ ィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の投資信託 には、株式相場の反騰局面が終わったとみるヘッジファンドの運用を 見習いたいと考える個人投資家のマネーが殺到している。

調査会社モーニングスターによると、株価下落に備えた運用を目 指す弱気相場型とロング・ショート型と呼ばれる投信への資金流入は 今年初め以降10月までに過去最高の100億ドル(約8887億円)と、 これまで最高だった2006年の2倍強に達した。資産運用会社によるロ ング・ショート型投信の設定は19本と、1年としては最多となってい る。

これらのファンドの人気上昇は、S&P500種株価指数が2007年 10月から09年3月の安値までの57%の下げの約半分を回復したにも かかわらず、小口投資家がまだ懐疑的であることを浮き彫りにするも のだ。米国株の購入に限定した従来型の投信は今年1-10月に46億 ドルの解約があったが、債券投信には2800億ドル流入した。

モーニングスターのアナリスト、ナディア・パパジャニス氏はイ ンタビューで「企業は市場の不確実性から利益を得ようとしている」 と述べ、「ヘッジファンド投資にまつわる秘法もある」と指摘した。

モーニングスターによると、この種のファンドのベストセラーは エコノミストのジョン・ハスマン氏が運用する「ハスマン・ストラテ ジック・グロース」で、9月までに17億ドルが流入した。JPモルガ ンのハイブリッジ・キャピタル・マネジメントが運用する「ハイブリ ッジ・スタティスティカル・マーケット・ニュートラル・ファンド」(運 用資産34億ドル)は15億ドル、PIMCOのビル・グロス氏の「フ ァンダメンタル・アドバンテージ・トータル・リターン・ファンド」 は7億8600万ドルをそれぞれ集めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE