中国株(午前):上海総合指数、3カ月ぶり高値-鉄鋼・石炭株高い

24日午前の中国株式市場 で、上海総合指数は3カ月ぶり高値に上昇。商品の値上がりを背 景に鉄鋼・石炭株が高い。一方、最近の株価上昇ペースが収益見 通しを上回っているとの懸念から、消費関連株は下落した。

中国最大の製鉄会社、宝山鋼鉄(600019 CH)は5%高。 石炭大手の大同煤業(601001 CH)は2%上昇している。中国 最大の自動車メーカー、上海汽車集団(SAICモーター、 600104 CH)は1.8%下落し、月間上昇率を18%に縮小した。 家電小売りで同国最大手の蘇寧電器(002024 CH)は1年半ぶ り高値から1.3%下げている。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連 動している上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後 零時半)現在、前週末比3.61ポイント(0.1%)高の3342.28。 このままいけば終値は8月6日以来の高値となりそうだ。上海、 深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.4%高 の3680.91。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE