スズキ:タイで四輪車生産、12年3月-工場に200億円

自動車生産で国内4位のスズ キは24日、凍結していたタイの四輪車生産計画を再開すると発表し た。200億円を投じて工場を建設、2012年3月から小型車の生産を 開始する。

初年度の生産台数は約1万台。タイ政府が推進するエコカープロ ジェクトに適合するコンパクトカーを生産する。稼働開始から5年後 に年間10万台を生産し、半数ほどを近隣諸国へも輸出する計画。ア セアン地域の重要拠点に位置づける。

スズキの計画は、タイ政府の進めるエコカープロジェクトにのっ とったもの。排気量1300CCのガソリンエンジンで1リットル当た り20キロメートル以上の燃費基準と、5年後に10万台の生産量を 確保するという条件を満たせば、8年間の法人税免除が受けられる。

これに伴い、現地の販売子会社スズキ・オートモービル・タイラ ンド社(SAT)を現地生産会社スズキ・オートモービル・マニュフ ァクチャリング・タイランド社(SAMT)に集約する。

スズキは07年12月にタイ工場の建設計画を発表していたが、 その後の金融危機による自動車市場縮小などから一旦計画を凍結して いた。

Editor:Noriko Tsutsumi、Tetsuki Murotani

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 萩原ゆき Yuki Hagiwara +81-3-3201-8864 yhagiwara1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Bret Okeson +81-3-3201-8335 bokeson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE