アジア株:来年は最大30%上昇も、景気や企業収益加速で-ベアリング

ベアリング・アセット・マネジメ ント(アジア)によれば、低金利に加え、景気や企業収益の伸びの加 速が続く中で、来年のアジア株式相場は最大で30%上昇する可能性が ある。

同社のマルチアセットグループ責任者、キエム・ドゥ氏は24日、 ブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、中国とインドが 「力強く」成長しており、その他のアジア地域も回復していると指摘、 来年の投資リターンは「15-30%と非常に良い結果」が見込まれると 語った。

MSCIアジア太平洋指数(日本を除く)は年初から66%上昇し ており、このままいけばここ16年で最高の年間パフォーマンスとなる。

ドゥ氏はまた、「金利が依然として極めて低水準にあり、債券より も株式に投資妙味がある」と指摘。香港市場は不動産をはじめ「活況」 で、香港株の指標となるハンセン指数の調整も「小幅」にとどまると の見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE