NY原油時間外:小動き、77ドル台-米原油在庫統計前に手控え

ニューヨーク原油先物相場は 24日の時間外取引で小動き。米エネルギー省が25日に発表する先週 の米原油在庫統計を前に手控えムードが広がっている。

前日の通常取引は一時、3営業日ぶりの日中高値を付けたが、そ の後は上げ幅を消している。北半球では冬の到来を前に燃料需要がま だ回復していないとの見方が広がった。ブルームバーグ・ニュースの 調査によると。先週の米原油在庫は過去3週間で2度目の増加の見込 み。

ナショナル・オーストラリア銀行のエネルギー・鉱物資源担当エ コノミスト、ベン・ウェストモア氏(メルボルン在勤)は、「不透明 感が強いため、値動きが大きくなりそうだとの見方がある。米国が冬 季に入れば石油製品の在庫も減少するだろう。相場は在庫の減少を織 り込んでおり、実際の数字はどうなのか見極めたいという気分が強 い」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物1月限はシン ガポール時間午前10時56分(日本時間午前11時56分)現在、3 セント安の1バレル=77.53ドルで取引されている。前日の通常取引 は9セント高の77.56ドルで引けた。年初来の上昇率は74%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE