中国LDKソーラーの7-9月:減益-主原料値下がりで黒字は確保

太陽電池に使われるシリコンウエ ハーの中国メーカー、LDKソーラーが23日発表した2009年7-9 月(第3四半期)決算は、減益となった。市場では赤字が予想されて いたものの、主原料の値下がりが黒字確保に寄与した。

発表資料によると、純利益は2740万ドルで、1米国預託証券(A DR)当たり27セント。ブルームバーグがまとめたアナリスト7人の 予想平均では、1ADR当たり13セントの赤字と見込まれていた。前 年同期の純損益は8840万ドル(1ADR当たり77セント)の黒字だ った。売上高は48%減の2億8190万ドル。

ソーラーウエハーの主原料であるポリシリコンのスポット価格が この1年で85%下落したため、LDKソーラーの原料費は減少した。 同社は自社工場でのポリシリコンの生産も開始し、中国の投資銀行が 先週、同工場の権益15%を約2億1900万ドルで取得した。

粗利益率は20.1%と前年同期の22.7%を下回った。LDKソーラ ーの彭小峰最高経営責任者(CEO)はアナリストや投資家との電話 会議で、ポリシリコンを除くウエハーの1ワット当たり生産コストは 30セントと、4-6月(第2四半期)の33セントから下がったと述 べた。

10-12月(第4四半期)の売上高は、2億8000万-3億1000万 ドルとの見通し。

-- Editors: Joe Link, Dan Stets

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Christopher Martin in New York at +1-212-617-5198 or cmartin11@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dan Stets at +1-212-617-4403 or dstets@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE