米HPの8-10月期:PC売上高、一部市場予想を上回る

パソコン(PC)メーカー最大手 の米ヒューレット・パッカード(HP)が23日発表した2009年8-10 月(第4四半期)決算は、PC売上高が一部のアナリスト予想を上回 った。同業の米デルから市場シェアを奪ったほか、中国での需要増加 が寄与した。

8-10月期のPC売上高は98億6000万ドルと、前年同期比では 12%減少したが、前期比では17%増加した。HPは11日に8-10月 期の暫定決算を発表し、売上高と利益はともにアナリスト予想を上回 った。

HPは値下げに加え、より薄く斬新なデザインのPC投入で06 年にデルからPC最大手の地位を奪った。一方、デルは7-9月期に 世界PCシェアで3位に後退し、今月発表した決算では利益がアナリ スト予想に届かなかった。HPのマーク・ハード最高経営責任者(C EO)は今月発表した米スリーコムの買収などを通じて事業も拡大し ている。

米調査会社エドワード・ジョーンズのアナリスト、ウィリアム・ クレハー氏は「デルなど競合他社が勢いを失う中で、HPは事業面で 勢いがある」と指摘した。

サンフォード・C・バーンスティンのアナリスト、トニ・サコナ ギ氏は、8-10月期のPC売上高を97億3000万ドルと見込んでいた。

8-10月期は、純利益が24億1000万ドル(1株当たり99セン ト)となり、前年同期の21億1000万ドル(同84セント)から14% 増加した。一部項目を除いた1株利益は1.14ドルだった。売上高は 308億ドルと、前年同期比8.4%減少した。

HPの株価は時間外取引で一時、27セント安の50.75ドルとなっ た。通常取引終値は51.02ドル。

プリンターやインクなどの補給品の売上高は前年同期比15%減 の64億5000万ドルだった。ハードCEOはインタビューで、「8-10 月期の終了に際して、プリンターなどについて良い感触が得られた」 と述べた。HPは同部門の出荷台数について11-1月期は2けたの伸 びを見込んでいる。

サーバー・ストレージ(外部記憶装置)部門の売上高は前年同期 比17%減の42億2000万ドル。一方、サービス部門の売上高は昨年の 事業買収に支えられて同7.8%増の89億3000万ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE