米ハーシーの社債保証コスト、上昇-英キャドバリー買収めぐる観測で

23日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場では、米食品大手ハーシーの社債保証コスト が過去最高の水準に接近した。同社が英菓子メーカー、キャドバリー の買収で米クラフト・フーズに競り勝ち、その結果、格下げに見舞わ れるとの観測が高まっている。

フェニックス・パートナーズ・グループによれば、ハーシー債の CDSスプレッドは14ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 上昇の92bp。一時は100bpに達した。CMAデータビジョンの 調べでは、同社債の保証コストは2008年12月19日以来の高水準 となっており、同月8日に付けた過去最高の108bpまであとわずか に迫っている。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は20日、ハー シーの経営権を握る「ハーシー・トラスト」が、キャドバリーに対す る最大170億ドル(約1兆5000億円)規模の買収案を、ハーシー に提示させる意向だと報じた。この買収案は、クラフトが先に提示し た総額および現金比率を上回るとみられるという。

独立系格付け会社イーガンジョーンズ・レーティングスのショー ン・イーガン社長は、買収に向けてハーシーは少なくとも30億ドル を調達する必要があるとみられ、結果的に同社の格付けは投資不適格 級(ジャンク級)に引き下げられる可能性があると指摘した。

フェニックスによると、北米の投資適格級企業125社で構成す るマークイットCDX北米投資適格指数(シリーズ13)のスプレッ ドはニューヨーク時間午後3時54分(日本時間24日午前5時54 分)現在、1bp低下の102bp。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE