仏アレバ:送電・配電部門の買収提案企業に条件修正認める-関係者

原子炉製造最大手、仏アレバ の送電・配電部門の買収をめぐり、フランス政府は買収案を提示した 東芝など3社に対して内容を改善する機会を与えた。アレバ今週、身 売り先を選定する可能性がある。事情に詳しい関係者3人が明らかに した。

交渉が非公開だとして匿名を条件に応じた同関係者によると、 受配電・制御機器大手シュナイダーエレクトリックと仏アルストム が提示した共同買収案は、アレバの送電・配電部門の業績によって 変動しやすい内容になっている。このためこの部分を修正、もしく は削除することで両社の共同買収案の透明度が一段と高まり、魅力 的な内容になるだろうと関係者は語る。

シュナイダー、アルストム連合以外にアレバに買収を提示して いるのは、米ゼネラル・エレクトリック(GE)と、東芝・産業革新 機構(INCJ)連合。同関係者によると、3つの案すべてが約40 億ユーロでの買収を提案している。

原題:France Said to Ask Bidders to Revise Terms for

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE