英グラクソ:カナダで新型インフル向けワクチンの使用中止を要請

英医薬品のグラクソ・スミス クラインは、カナダの医師に対し同社の新型インフルエンザ(豚イン フルエンザ)用ワクチンの使用を一時中止するよう要請した。一部 の同社製ワクチンが急性アレルギー反応の一種であるアナフィラキシ ーの副作用が想定以上に発生したとの報告について、同社広報担当者 は調査中であることを明らかにした。

グラクソの広報担当グウェナン・ホワイト氏は23日の電話イン タビューで、同社のワクチン「アレパンリックス」のうち17万 2000接種の出荷分で、舌や喉の腫れなどの急性アレルギー反応に関 連している事例が通常よりも多くみられると述べた。同氏によれば、 通常10万人に約1人の割合でこのような症状が現れるという。

ホワイト氏によれば、カナダ向けのワクチン出荷量は接種750万 回分。カナダの保険当局はある特定の出荷分から接種を受けた人の間 で、通常よりも多くの急性アレルギー反応が発生したと報告。グラク ソはこの出荷分をすでに回収している。

グラクソは、カナダの医者や医療専門家に対してこうした事態に 十分留意するよう書簡で注意を促したという。ホワイト氏は、カナダ 向けの「ほかのワクチンにはまったく影響はみられず、引き続き投与 することが可能だ」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE