10月米中古住宅販売:年率610万戸-07年2月来の最高

全米不動産業者協会(NA R)が23日に発表した10月の中古住宅販売件数(季節調整済み、 年換算、以下同じ)は前月比10.1%増の610万戸と、2007年2月 以来の最高を記録した。初回住宅購入者向けの税優遇措置が押し上 げた。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央 値は570万戸だった。前月は554万戸(速報値は557万戸)だった。

中古住宅販売は前年同月比で23.5%増、中古住宅価格(中央 値)は17万3100ドルと、前年から7.1%下落した。過去約1年で 最小の下落率だった。

10月の住宅在庫は前月比3.7%減の357万戸。販売に対する在 庫比率は7カ月分と、前月の8カ月分から低下、07年2月以来の低 水準となった。

バークレイズ・キャピタルのチーフ米国エコノミスト、ディー ン・マキ氏は「良好な伸びであり、潜在的な住宅需要が示された。 住宅購入者は今の値下がりを利用できるだけの十分な自信を取り戻 している。住宅市場の回復は持続力のある回復だろう」と述べた。

クリックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE