イラン:新対空防衛システムを試験配備、核関連施設の防衛能力を査定

イラン政府は、同国の核関連 施設の防衛能力を査定するため、同国最大の軍事演習として新しい対 空防衛システムの試験配備を開始した。

国営のプレス・テレビは22日遅くのバヒディ国防軍需相の発言 を基に、新対空防衛システムの試験配備がすでに始まったと報じた。

軍当局者によれば、軍事演習は5日にわたり実施され、イラン国 土の3分の1以上に相当する約60万平方キロの地域で行われる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE