IMF専務理事:銀行の損失、半分はまだ公表されていない

国際通貨基金(IMF) のストロスカーン専務理事は23日、世界的金融危機からの銀行の 損失のうちほぼ半分はまだ明らかにされていないとの認識を示し た。

同専務理事はロンドンで開催された英産業連盟(CBI)の 会議での質疑応答で、「まだ多額の損失が公表されていない状況 にあるというのがわれわれの見解だ」と述べた。未公表の損失の 「規模を推定するのは難しいが、全体の半分に近いというところ だと思われる」と語った。

ストロスカーン専務理事は会議でのスピーチで、多くの先進 国・地域で銀行システムは「依然として資本不足」の状態だとし、 金融環境は「正常には程遠い」との見解を示した。IMFは9月 に、銀行が1兆5000億ドル(約133兆円)相当の有害資産を帳 簿上に抱えているとの見積もりを示していた。

ストロスカーン専務理事は、「恐らく開示は米国の方が欧州 よりも若干進んでいるだろう。どちらにしても半分程度だ」と語 り、「まだ先は長い」と指摘した。IMFは9月に、世界の金融 機関の評価損と融資や投資からの損失の見積もりを15%引き下げ 3兆4000億ドルとした。

同専務理事はスピーチで、当局が金融業界規制について計画 を示さなければ、金融機関が「今のうちにパーティーをやってお こう」という姿勢で過剰なリスクをとるかもしれないとして、 「現時点では、規制をめぐる不透明さが逆にリスクテークを促す 要素になっているかもしれない」と述べた。「金融機関が今後に 厳しい時期が来ると予想して」今のうちにリスクを増やす可能性 があると指摘した。

経済については「安定し改善しているが依然として非常に脆 弱(ぜいじゃく)」との認識を示した。質疑応答では「二番底の 可能性が高いとは考えていない」が、そのような展開を回避でき ると「決まっているわけでもない」と語った。

英国についてはIMFは厳しい2009年の後、10年は「むし ろ力強い回復」を示すと予想しているとして、同年の英成長率は 約0.9%となりユーロ圏を上回ると見込んでいると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE