NY原油時間外:1週間ぶり安値から上昇-イラン軍事演習で供給懸念

ニューヨーク原油先物相場は ロンドン時間23日午前の時間外取引で、前週末の1週間ぶり安値か ら上昇。イランが今週、軍事演習を実施していることを背景に、中東 からの供給をめぐる懸念が再浮上したほか、ドル下落が続くとの見通 しを背景にインフレヘッジとしての原油の魅力が高まり、買いが優勢 になった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物1月限は一時、 前週末比1.05ドル(1.4%)高の1バレル=78.52ドルを付けた。 ロンドン時間午前9時53分(日本時間午後6時53分)現在は

78.42ドルで推移している。前週末20日は1週間ぶり安値の

77.47ドルで終了していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE