香港株(終了):5日ぶり反発-中国が政策維持との当局者発言を好感

香港株式相場は5営業日ぶりに上 昇。中国国家発展改革委員会(発改委)の張平主任が20日、経済成長 を支援するため「一貫した安定的な」政策を維持すると表明したこと を好感し反発した。

中国の銀行2位、中国建設銀行(939 HK)は4.1%高。最大手の 中国工商銀行(ICBC、1398 HK)は3.3%上昇。不動産のヘンダー ソン・ランド・デベロップメント(12 HK)はクレディ・スイス・グル ープが香港のオフィス賃貸市場回復を予想したことから2.3%上げた。 中国の産金最大手、紫金礦業(2899 HK)は金相場の高値更新を受け

4.8%高。

中信銀行(Citic銀行、998 HK)は4%上昇。スペインの銀 行バンコ・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア(BBVA)が11 億ユーロを投じて同行株の保有比率を15%に引き上げる計画だとの 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の報道が手掛かりとなった。

ハンセン指数は前週末比315.55ポイント(1.4%)高の22771.39。 20日までは4日続落し、9月以来で最長の下げとなっていた。ハンセ ン中国企業株(H株)指数は前週末比2.2%高の13625.06。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE