新型ワクチン中止要請、カナダで副作用、日本が使用予定の英社-朝日

23日付の朝日新聞朝刊は、英大手 製薬会社「グラクソ・スミスクライン」(GSK)がカナダで製造して いる新型の豚インフルエンザのワクチンの一部について、想定以上の 副作用が複数報告されたため、同社がカナダの複数の州政府に使用中 止を要請していることが22日、関係者の話で分かったと報じた。

同紙によると、日本政府は同社が同じ工場で作った製品を輸入す る予定で、厚生労働省が本格的な情報収集を始めたとしている。早け れば12月下旬にも輸入が始まる予定だったが、特定の製造番号に限定 した問題にとどまらない場合、GSK社からは輸入がストップする可 能性もあるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE