米失業率、10月は29州で悪化-加州などで過去最高を記録

【記者:Courtney Schlisserman】

11月20日(ブルームバーグ):米労働省は20日、全米29州で10 月の失業率が上昇したと発表した。9月の22州を上回った。10月の失 業率はカリフォルニア、デラウェア、サウスカロライナ、フロリダの各 州で軒並み過去最高を記録した。

労働省によれば、失業率が最も高かったのはミシガン州の15.1% で、ネバダ(13%)、ロードアイランド州(12.9%)がこれに続いた。10 月の全米の失業率は10.2%と26年ぶりの高水準に上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE