米デルタ、日航への投資額を上積みする用意-CEOがWSJ紙に語る

【記者:内田良治】

11月21日(ブルームバーグ):米デルタ航空のリチャード・アン ダーソン最高経営責任者(CEO)は20日、米紙ウォールストリー ト・ジャーナル(WSJ、オンライン版)とのインタビューで、デルタ 率いる国際航空連合「スカイチーム」が日本航空に提示している10億 2000万ドル(約900億円)の投資額を引き上げる用意があることを明ら かにした。

同CEOは、スカイチームが最終的に提案する投資額が「これまで に提示した額よりも大きくなる」可能性があると説明。「それほどの価 値が得られるならば、資金の拠出は可能だ」と語った。デルタとスカイ チームは、日本とアジアの航空旅客市場におけるシェア拡大を狙い、ア メリカン航空が率いる「ワンワールド」から離脱するよう日航に働き掛 けている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE