ECB:市中銀行向け融資の担保で基準を厳格化-信用の質確保へ

欧州中央銀行(ECB)は20 日、市中銀行向け融資の担保として受け入れる証券について、基準の 厳格化を発表した。

電子メールで配布した声明によると、ECBは銀行が差し出す 担保に関し、2010年3月1日以降発行されるすべての資産担保証券 (ABS)についてECBが「認める外部格付け機関から2つ以上の 格付けを得ることを義務付ける」。1月時点には格付け機関1社から の格付け取得を求めていた。

ECBは「担保として認められるすべての証券が、ユーロシステ ム(ECBと域内各国中銀)の定める高い信用水準を満たすことを確 実にする」ことが目的だと説明した。

担保となる証券について銀行が取得した格付けのうち、「最高」 のものと「2番目に高い」ものがともに、「ABSに適用される担保 としての最低条件」を満たすことが必要だとしている。

ECBによると、2つ以上の格付けを取得し2番目の高さのもの までが最低基準を満たさなければならない規則は、2011年3月から 発行時期にかかわらずすべてのABSに適用される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE