中国人民元先物:週間で11カ月ぶり大幅下落-当局の元高抑制観測で

中国人民元先物は、週間ベースで 11カ月ぶりの大幅な値下がりとなった。人民元の上昇再開を求める海 外の声に対し、中国当局は元高を容認しないとの観測が背景。

中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は20日、中国はドルの水 準に関して「受け身」の立場だとの認識を示した。

ブルームバーグのデータによれば、1年物の元先物(ノンデリバ ラブル・フォワード、NDF)は香港時間20日午後5時30分(日本 時間同6時30分)現在、前日比ほぼ変わらずの1ドル=6.6375元。 今週の下落率は0.8%となり、週間では昨年12月以降で最大の下げと なった。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元の現 物相場は前日比ほぼ変わらずの6.8278元。

--Belinda Cao. Editors: Shanthy Nambiar, James Regan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Belinda Cao in Beijing at +86-10-6649-7570 or lcao4@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

%CNY %USD %HKD

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE