鳩山首相:需給ギャップを埋めてデフレからの脱却目指す

鳩山由紀夫首相は20日夕、政府が11 月の月例経済報告で日本経済が「緩やかなデフレ状況にある」 と認定したことについて問われ、需給ギャップを埋めてデフレから脱却 する政策を取ることが必要との考えを示した。首相官邸で記者団に語っ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE