香港株(終了):4日続落-中国の預金準備率引き上げを警戒

香港株式相場は4日続落し、9月 以来で最長の下げとなった。中国当局が来年、商業銀行の預金準備率 を引き上げる可能性があるとの上海証券報の報道が警戒感を高めた。

中国の銀行最大手、中国工商銀行(ICBC、1398 HK)は1.5% 安。香港の不動産開発会社、ハンルン・プロパティーズ(恒隆地産、 101 HK)は3.2%下落。預金準備率が引き上げられれば住宅ローンに 回る資金が減るとの見方が背景。

香港最大の航空会社、キャセイ航空(293 HK)は1.9%安。収益 回復には時間がかかるとの見通しを示したことが嫌気された。ネット ワーク関連製品販売のデジタル・チャイナ(神州数碼、861 HK)は投 資ファンド、軟銀賽富(SAIFパートナーズ)による株売却で、5.6% 下落した。

一方、米投資家ウォーレン・バフェット氏が出資する電気自動車 メーカー、比亜迪(BYD、1211 HK)は4.9%上昇。損失が先の報道 よりも小幅だと明らかにしたことから買われた。

ハンセン指数は前日比187.32ポイント(0.8%)安の22455.84。 19日までの3日間では1.3%下げていた。4日続落は9月28日までの 4営業日以来で最長。前週末比では0.4%安と、3週間ぶりの週ベー ス下落となった。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.1%安 の13329.66で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE