今日の国内市況:TOPIX8日ぶり上昇、中期債が軟調-円は全面高

東京株式相場は、TOPIXが8 営業日ぶりに反発した。銀行や証券、不動産など今週に入って下げが大 きかった業種が上昇。一方、円高傾向や一部アナリストの格下げを受け た米半導体関連株の下落を受け、トヨタ自動車や東芝など輸出関連株は 下げた。日経平均株価は終値で、7月17日以来の9500円割れ。

TOPIXの終値は前日比1.00ポイント(0.1%)高の838.71。日 経平均株価は51円79銭(0.5%)安の9497円68銭。東証1部の値上 がり銘柄数は829、値下がり銘柄数は708。

直近下げの目立った業種を中心に高くなった。業種別33指数で今 週に入ってからきのうまでの下落率が大きかった業種は、証券・商品先 物取引、その他金融、銀行、不動産、非鉄金属、鉄鋼。このうち証券・ 商品先物取引、その他金融、銀行、不動産がきょうの上昇率上位6業種 に入った。

もっとも、日経平均は心理的な節目9500円を割り込み、騰落業種 や個別銘柄全般は高安まちまちだった。株価が来年の企業収益の伸びを 織り込んでいるとの見方から、19日の米S&P500種株価指数は1.3% 安。株式相場の下落で外国為替市場では円高が進展、円は対ドルで10 月9日(88円36銭)以来の円高水準となったため、為替水準への警戒 から輸送用機器や精密機器、電気機器指数はそろって下げた。

個別の材料銘柄では、三菱レイヨン買収に関して会社側が増資を明 確に否定し、野村証券などが投資判断を引き上げた三菱ケミカルホール ディングスが8日ぶりに急反発。みずほ証券が会社予想は慎重とし、レ ーティングを上げたニチイ学館、主力の仲介事業の本格回復を評価して 三菱UFJ証券が投資判断を最上級に引き上げた住友不動産販売はそれ ぞれ急伸した。日本証券金融が制度信用取引による新規売りを20日約 定分から停止すると発表した日機装は8日ぶりの反発。

半面、メリルリンチが半導体の供給増加を理由に世界の半導体産業 の見通しを「ポジティブ(強含み)」から「ネガティブ(弱含み)」に 引き下げたことで、東京エレクトロンや東芝など半導体関連が下落。 2012年度の中期経営目標達成のハードルは高い、と大和証券SMBC が指摘したソニーは続落した。デリバティブ(金融派生商品)取引に関 連し、1000億円規模の支払いを新たに求められる可能性のあることが 分かった、と20日付の読売新聞朝刊が報じた日本航空も売られた。

債券は中期ゾーンが軟調

債券市場では中期債相場が軟調(利回りが上昇)。日本銀行が政策 金利の据え置きを決定し、声明で景気判断を引き上げたことを受けて緩 和期待がやや後退しており、午後の取引で売りが優勢になった。

日銀は20日午後に開催した金融政策決定会合で、政策金利を0.1% 前後に据え置くことを全員一致で決定したと発表。また、景気は「持ち 直している」として、前月の「景気は持ち直しつつある」から情勢判断 を前進させた。

日銀が前回10月30日に示した公表文では、冒頭部分で「当面、現 在の低金利水準を維持するとともに、金融市場における需要を十分満た す潤沢な資金供給を通じて、きわめて緩和的な環境を維持していく」と 表現していたが、今回は「当面」という表現が取れており、一部で追加 緩和を期待していた市場関係者が売りを出した要因との見方もあった。

実際、現物市場では、日銀会合結果発表後に政策変更の影響を受け やすい中期債利回りが上昇した。新発2年債利回りは前日比1.5ベーシ スポイント(bp)高い0.245%に上昇し、新発5年債利回りは0.5bp高い

0.59%で推移している。

また、10年物の303回債利回りは、前日比1.5bp低い1.285%で開 始。新発10年債利回りとしては10月9日以来およそ1カ月半ぶりの低 水準をつけた。その後は、やや水準を切り上げ、0.5bp高い1.305%で 推移した。

一方、東京先物市場の中心限月12月物は、前日比18銭高の139円 43銭で始まった後、直後に午前の安値となる139円39銭をつけた後、 一時31銭高の139円56銭まで上昇、10月8日以来の高値をつけた。し かし、日銀会合結果発表後に上げ幅を縮め、一時2銭安い139円23銭 まで下げた。結局は変わらずの139円25銭で終了した。

菅直人経済財政担当相は20日午後、11月の月例経済報告を関係閣 僚会議に提出した。景気の基調については持ち直しとの判断を4カ月連 続で据え置く一方、焦点だった物価の判断については「緩やかなデフレ 状況にある」とした。月例報告での「デフレ」の認定は2006年6月以 来、3年5カ月ぶり。

円は全面高、1ドル=88円台

東京外国為替市場では円が主要通貨に対して全面高。世界的な株価 の軟調推移を背景に、投資家のリスク許容度低下が意識され、相対的に 金利の高い通貨を売って、低金利の円を買い戻す動きが目立った。

ユーロ・円相場は1ユーロ=132円台後半から一時、132円24銭ま でユーロ安・円高に進行。ブルームバーグ・データによると、午後4時 40分現在の円は、主要16通貨に対して前日終値を小幅に上回った。

前日からの世界的な株安の流れを引き継ぎ、20日の東京株式相場 は続落。アジア株も全般的に軟調で、米株価指数先物も上値の重い展開 となった。

また、政府はこの日公表した11月の月例経済報告で、景気の基調 については持ち直しとの判断を4カ月連続で据え置く一方、焦点だった 物価の判断については「緩やかなデフレ状況にある」とした。

一方、日銀はこの日開いた金融政策決定会合で、政策金利を0.1% 前後に据え置くことを全員一致で決定した。景気については、「持ち直 している」として、前月の「景気は持ち直しつつある」から情勢判断を 前進させた。

ユーロ・ドル相場は一時、1ユーロ=1.4882ドルまでドル買いが進 んだが、その後はドルが伸び悩み、午後にかけては1.49ドル台前半で もみ合う展開となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE