IMFのリプスキー氏:中国人民元は「著しく」過小評価

国際通貨基金(IMF)のリプ スキー筆頭副専務理事は20日、中国の人民元は著しく過小評価さ れていると指摘した。

リプスキー氏はドバイでのインタビューで、「アジアには、とり わけ著しく過少評価されている複数の通貨が存在する」と述べた。 中国に言及しているのかとの質問に対しては、「特に、そう言える」 と回答した。

オバマ米大統領は今週、人民元の上昇容認に向けた中国側の確 約を得られないまま同国訪問を終えた。欧州中央銀行(ECB)の トリシェ総裁と欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会 のアルムニア委員(経済・通貨担当)も今月訪中し、人民元につい て協議する方針だ。中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁はこの 日、中国は為替レートに関して「受身」の立場だとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE