ソニーの平井氏:新ネットワークサービス、来年中に開始(Update1)

事業再構築を進めているソニーは 新たなネットワークサービスを2010年中に開始する。19日に発表した 新中期経営計画で、12年3月期の黒字化、13年3月期までに年間3000 億円規模の事業に育てることを目標としている。

パソコンやゲーム、携帯電話などを統括するネットワークプロダク ツ&サービス事業のトップ、平井一夫氏が20日、ブルームバーグ・ニ ュースなどとのグループインタビューで「10年のなるべく早い段階で の開始を実現したい」と言い、当初は一部の商品を対象としたサービス の立ち上げになると述べた。

新サービスはゲーム機に限定した既存のネットワークサービス「プ レイステーションネットワーク(PSN)」に加えて、テレビやパソコ ン、デジタル音楽プレーヤー、電子書籍閲覧端末などのハードウエアに ゲームや音楽、ビデオなどのソフトウエアをダウンロードできる。

平井氏は、PSN事業の売上高が今期(10年3月期)で前期比3 倍増の500億円を達成できる見通しであることから、新しいサービスの 本格展開に「かなりの自信を持っている」と話した。

PSNに対応している「プレイステーション3(PS3)」、 「プレイステーションポータブル(PSP)」の9月末の累計販売は約 8300万台。今後はゲーム機のほか、テレビ、パソコン、携帯端末など も加え、13年3月期末までにネットワーク対応機器数を3億5000万台 に増やす方針。

PS3の今期販売計画は達成へ

平井氏はまた、PS3の今期(10年3月期)の販売計画1300万台 について、「手堅い数字だ」として達成できるとの見通しを示した。上 期(4-9月)までの実績は430万台で、計画に対する進ちょく率は 33%となっている。

ただ、ソニーは8月に100ドルの値下げを実施し、9月には旧型よ り安い新型PS3を投入。それ以来、販売が伸びており、8月には世界 最大のゲーム市場である米国で10カ月ぶりに前年同月を上回り、9月 は同2倍、10月は同70%増えた。

一方、電子書籍閲覧端末「リーダー」の欧米以外での販売に関して は、平井氏は、まだ結論は出していないとしながらも、日本を含む国で の販売を検討中だと述べた。

-- Editors:Chiaki Mochizuki

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 白木 真紀 Maki Shiraki +81-3-3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE