北京市:代替エネルギーの利用促進へ-電気自動車の利用も拡大

中国・北京市の発展改革委員会は 20日、代替エネルギーの利用拡大を促進する政策の一環として、発電 出力70メガワットの太陽光発電所と同50メガワットのバイオマス発 電所の建設を計画していることを明らかにした。

同委員会のハイテク産業担当者は記者団に対し、北京市内を走る 電気バスの数を増やすほか、2011年までに公共サービス部門で3000 台の電気自動車を保有する予定だと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE