【テクニカル分析】米2年国債利回り、次の抵抗線は過去最低水準

CRTキャピタル・グループのテ クニカルストラテジストによると、米国の2年物国債利回りは、今年 の最低水準に低下したことで、昨年12月に記録した過去最低の

0.6044%が次の下方抵抗線になる。

2年債利回りが過去最低を記録したのは、米連邦準備制度理事会 (FRB)が政策金利を0-0.25%に引き下げた翌日の昨年12月17 日。米財務省は今月23日、10月27日の過去最高と並ぶ総額440億ド ルの2年債入札を実施する。

CRTの米国債ストラテジー担当責任者、デービッド・エーダー 氏は、2年債について電話インタビューに応じ、投資家が予想する「F RBが政策金利をゼロ付近に据え置く期間」が延びたため、利回りが 低水準にとどまることもあり得ると予想した。

BGキャンター・マーケット・データによると、2年債利回りは 19日に一時、前日比7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低 下の0.6759%と、昨年12月19日以来の低水準に達した。RSI(相 対力指数、期間9日)は85と、70を上回る「買われ過ぎ圏」だった。

-- Editors: Greg Storey, Dave Liedtka

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Daniel Kruger in New York at +1-212-617-2986 or dkruger1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Liedtka at +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE