米フィリップ・モリスに270億円の賠償命令-たばこの健康被害訴訟

肺気腫に冒された米フロリダ州 の元喫煙者が、アルトリア・グループ傘下の米たばこ最大手フィリッ プ・モリスUSAを相手取り、同州ブロワード郡の裁判所に起こした 損害賠償訴訟で、陪審団は19日、同社に対して計約3億ドル(約 270億円)の賠償金支払いを命じる評決を下した。

賠償金の内訳は、補償賠償金が5660万ドル、懲罰的賠償金が2 億4400万ドル。原告のシンディ・ノーグルさん(61)の代理人、ロ バート・ケリー弁護士が電話インタビューで明らかにした。評決は原 告側が請求した懲罰的賠償額を満額、補償賠償額の90%を認めた。 残り10%は本人の過失としている。

同弁護士の法律事務所の発表文によると、ノーグルさんは1968 年、20歳で喫煙を始めた。今回の訴訟は、フロリダ州最高裁で2006 年にたばこの健康被害をめぐる裁判を集団訴訟として認めない判決が 下され、個別の訴訟が可能になったのを受けて提起された。賠償金3 億ドルは、06年の判断後のフロリダ州のたばこ訴訟としては最高額 という。

アルトリアは、陪審評決の内容を「さらに精査」する方針を示 した。

-- Editors: Peter Blumberg, Michael Hytha

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Edvard Pettersson in Los Angeles at +1-213-617-0582 or epettersson@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David E. Rovella at +1-212-617-1092 or drovella@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE