財務相:デフレに大変な危機意識持っている-日銀も対応を

藤井裕久財務相は20日午前の閣 議後会見で、デフレ懸念が高まっていることを受け、「大変な危機意識 を持っている。今の状態は正しい姿ではない」との見解を示すととも に、「こういう事態が続くことについては、経済運営の上で考えるべき 重要なポイントの1つだ」と語った。

デフレ対策の在り方については「財政は経済を基本的に直す力は ない。民間経済の下支えをやるのが公だ。お金よりも知恵の問題。お 金をつけたからといってすぐに物価が上がるとは思わない」と強調。

その上で、「国内物価の問題は民間経済を立て直すことに尽きる。 雇用対策などは将来の消費を伸ばす大きな要因だ。そういう形で経済 政策は考えるべきだ。ここで大型公共投資をやっても物価が上がると は考えられない」との認識を示した。

金融政策面では、日本銀行に対し「それなりの対応をしてもらわ なければならない」としながらも、「今、超低金利政策を行っているこ とは間違いない。その限界もある」と述べ、対応の難しさをにじませ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE