インドネシアが初のユーロ建て債発行も-ドル以外に分散

インドネシアは初のユーロ建て 債の発行を検討している。下落基調が続くドル以外への起債通貨の分 散を図り、自国通貨建ての債券発行を増やす計画だ。

同国財務省のワルヤント国債管理局長は19日、ジャカルタでのイ ンタビューで、政府が為替リスクを最小限に抑えるため、ルピア建て 債の発行を優先的に行う方針だと述べ、ユーロ建て債を来年発行する 可能性があることを明らかにした。

同局長は「為替リスクに対するエクスポージャーが生じるという 意味で、慎重になる必要がある」とした上で、ユーロの強さは考慮に 値すると付け加えた。ユーロはドルに対して、年初来で6%上昇して いる。

同国は今年2月、海外市場で30億ドル(約2700億円)規模の起 債を実施し、4月にはドル建てイスラム債の発行で6億5000万ドルを 調達した。2010年は財政赤字を穴埋めするため、自国通貨と外貨建て 債券110億ドル相当を発行する計画だ。同国の財政赤字は来年、国内 総生産(GDP)の1.6%に相当する98兆ルピア(約9100億円)に 達すると予想されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE