オランダ政府、ABNアムロとフォルティス銀に4000億円資本注入へ

オランダ政府は、救済したA BNアムロ・ホールディングのオランダ部門とフォルティス銀行オ ランダを統合するなかで、両部門への30億ユーロ(約4000億円) の追加資本注入を計画している。

オランダのボス財務相が議会にあてた19日付の書簡で明らか にしたもので、14億ユーロの融資も株式に転換される。追加支援は 救済コストを約300億ユーロに押し上げることになる。

預金流出や投資家の信頼感喪失に見舞われたフォルティスが短 期資金を確保できなくなったことを受け、オランダ政府は昨年、フ ォルティスのオランダの銀行・保険両部門を傘下に置き、フォルテ ィスが保有していたABNアムロ株を168億ユーロで取得した。A BNアムロのヘリット・ザルム会長は5月、銀行事業統合で2012 年までに最大6500人が削減される可能性を指摘している。

ボス財務相は書簡で、「統合を選択することで顧客や従業員は、 オランダの企業や個人へのサービスに特化した、力強く安定した銀 行になる見通しが持てる」と述べた。

オランダの議会は7月、ABNアムロのオランダ部門に対する 資本注入を承認している。

ボス財務相によると、ドイツ銀行がABNアムロの一部部門を 7億ユーロで買収する。統合に先立ち欧州連合(EU)の競争当局 の懸念を解消するため、オランダ政府は先月、同部門をドイツ銀行 に売却することで合意している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE