NY銅先物:2週間ぶり大幅下落、ドル上昇で投資妙味が低下

19日のニューヨーク銅先 物相場は2週間ぶりの大幅下落。ドルが上昇し、代替投資として の魅力が後退した。

主要6通貨のバスケットに対するドル指数は一時、0.5%高 まで上昇した。一部のトレーダーはドルが下落した際に購買力を 維持するために商品を購入する。ドル指数が今年、7.4%下落す る中で、銅相場は2倍強に上昇している。

キャピトル・コモディティ・サービシズのラニー・コーエン 社長は「これらすべての商品は現在、何よりもドルに反応してい る」とし、ドルが「相場を決定付ける主な材料だ」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の 銅先物相場3月限終値は前日比2.95セント(0.9%)安の1ポン ド=3.106ドルと、5日以来の大幅な下げとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE