PIMCOグロス氏:低金利維持で資産バブルのリスクが増大

債券ファンド運用大手、米パシ フィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の共同最 高投資責任者(CIO)、ビル・グロス氏は19日、米連邦準備制度理 事会(FRB)が政策金利を過去最低水準で維持していることで、新 たな資産バブルの「システミックリスク」が増大しているとの認識を 示した。

グロス氏は同社のウェブサイト上で公表した12月の投資見通し で、「連邦公開市場委員会(FOMC)は米経済をリフレート(再膨 張)させようとしている。リフレーションの過程では短期金利を痛み を伴うほどの低水準まで引き下げることが必要になるため、投資家は 短期金融市場から、よりリスクの高い債券や株式に資金を移すよう強 制、または誘導されることになる」と解説している。

グロス氏は著名投資家ウォーレン・バフェット氏に倣い公益事業 株を購入するよう推奨している。業績が経済成長率に連動し、安定し た配当収入が得られることがその理由だ。

グロス氏はまた、年間の名目国内総生産(GDP)の上昇率が4 -5%となるまで、FOMCは利上げしない可能性が高いとの見方を 示した。失業率が10.2%と、26年ぶりの高水準にあることが背景にあ る。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Liedtka at +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE