ビニ・スマギECB理事:景気について金融市場は自信過剰の公算も

欧州中央銀行(ECB)の ビニ・スマギ理事は19日、景気回復の強さを金融市場は過剰に 信じている可能性があるとの認識を示した。

同理事はロンドンでの講演で、「金融市場の状況の根拠をな している評価は、大多数の景気回復見通しよりもやや楽観的に見 える」と指摘した上で、「こうした相違が持続すれば、金融政策 は課題に直面するだろう」と語った。講演の原稿をECBが公表 した。

同理事は商品価格や失業率の上昇、財政刺激策の終了、信用 供与の制約などが景気回復へのリスクとなると指摘。「ユーロ圏 内と世界レベルで経済見通しは大きく改善した。しかし回復のペ ースは緩やかなものとなり、平たんではないだろう。幾つかのリ スク要因が回復を減速させる可能性がある」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE