NY外為:円とドルは上昇、株安でリスク資産を敬遠

ニューヨーク外国為替市場では 円が対ユーロで2週間ぶりの高値に上昇。ドルも値上がりした。株式 相場が世界的に月初来の大幅安となったことを受け、円やドルで借り 入れた資金を高利回り資産に投資するキャリー取引の損失をヘッジす る動きが活発になった。

円は主要16通貨すべてに対して上昇した。ブルームバーグのデー タによると、円やドルを調達通貨としてオーストラリア・ドルに投資 する取引ではこの日1.3%の損失が出た。ガイトナー米財務長官は議 会証言で、中国が人民元の柔軟性向上に向けて行動を起こすと確信し ていると述べた。

BNPパリバ・セキュリティーズの為替ストラテジスト、セバス チャン・ゲーリー氏(ニューヨーク在勤)は、「市場は非常に神経質 になっており、今はリスクを取る動きがあまり多くない」と述べた。 「ドル・ショートという大きな取引に対し、緊張感が高まっている」 と付け加えた。

ニューヨーク時間午後4時1分現在、円は対ユーロで前日0.6% 高の1ユーロ=132円87銭(前日は同133円64銭)。一時は3日 以来の高値水準となる同131円76銭を付ける場面もあった。円は対 ドルで0.3%高の1ドル=89円7銭(前日は同89円32銭)。ドル は対ユーロで0.3%高の1ユーロ=1.4919ドル(前日は同1.4963 ドル)。

市場ではドルが1ユーロ=1.50ドルを超えて下落しなかったこと から、ドル・ショートのポジションが一部手じまわれたとの指摘もあ る。

オーストラリア・ドルが安い

オーストラリア・ドルは対円で1.4%安。スウェーデン・クロー ナはドルに対して0.9%値下がりした。株式相場が下げたことからキ ャリー取引が抑制された。政策金利が米国では0-0.25%、日本では

0.1%であることから、ドルと円が調達通貨として選好されている。

MSCI世界指数は1.7%安。10月30日に前日比1.9%下げて 終了して以来の大幅下落となった。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は0.1%上昇の75.283。16日には74.679と、08年8月 以来の低水準を付けた。

人民元

ガイトナー財務長官は上下両院合同経済委員会で証言し、中国は 同国経済の輸出依存度が低下するのに伴い、人民元の統制を緩めるだ ろうとの見通しを示した。

長官は「中国が望んでいることだ」とした上で、「中国がそれを 実行すると強く確信する」と述べた。

人民元は対ドルで7月以降1ドル=約6.83元付近で取引されて いる。それ以前の3年間に元は対ドルで21%上昇した。

下落基調にあるドルに連動していることから、人民元は過去1年 間に対ユーロで16%下落、対円では7%値下がりしている。

資源国通貨

景気回復が足踏みしているとの懸念から、原油などの商品相場や カナダ・ドル、ニュージーランド・ドルが下落したことも、円とドル 上昇の背景にある。

カナダ・ドルは対米ドルで0.8%安。同国の最大輸出品目である 原油の価格が下落したことが背景。ニュージーランド・ドルは対米ド ルで一時2.5%下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE