米財務長官:オバマ政権の経済政策を擁護、共和党に激しく反論

ガイトナー米財務長官は19日、 オバマ政権の経済政策を擁護し、共和党は8年間にわたり金融システ ムの監視を怠り、「米経済を崖から転落するような状態」にしてオバ マ大統領に引き渡したとして非難した。

ガイトナー長官は上下両院合同経済委員会で証言。ケビン・ブ レイディ下院議員(共和、テキサス州選出)が辞任を求めた際には、 「あなた方がこの国に残した危機の遺産に対し、責任を取ることはで きない」と一蹴(いっしゅう)。オバマ大統領は大恐慌以降で最悪の 金融危機をブッシュ前大統領から引き継いだと主張した。

同長官はまた、消費者や投資家の心理を示すどのような指標も、 米経済がオバマ大統領の就任した1月から相当に力強さを増している ことを示唆していると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE